林先生の初耳学って、ご存じですが?

そこでナイトアイボーテの話題が出たんです。

ちょっと気になる情報も紹介されていたので、まとめました。

1.「メイクが原因でどんどん目が小さくなる」とは?

2.目元まわりの化粧落としに注意!

3.目を大きくする方法

林先生の初耳学でナイトアイボーテが話題

女の子なら誰しも憧れるぱっちりした二重まぶた。

絶対、目は大きいほうがかわいいから、
女子ならアイプチを使ったり、アイメイクで目を大きく見せたり
かわいくなるために努力してるよね。

林先生の初耳学によると
目は15年後には、20%もちいさくなるという報告があったんです。

今20代でしょ?

35歳を過ぎるころには、20%も小さくなってしまうということ。

もちろん老化もある。

一体どうしてか?

目元まわりの化粧落としに注意!

林先生の初耳学では、目が小さくなる理由は、目のまわりの化粧落としが原因!

よくアイプチで瞼がたるんだ気がするなーと思うことない?

あれが危険な症状!

老化に加えて、まぶたの周りの筋肉が引っ張られてたるんでしまい、どんどんまぶたが下がってきてしまいます。

そして、アイメイクを落とすために、クレンジングをするでしょ?

なかなか落ちないなぁとゴシゴシ目の周りをこすっていない?

そう、目の周りをこすると、どんどん瞼の皮膚がのびてしまうよ。


悪循環だよね。

目を大きく見せたくて、化粧をする。

それを落とすために、目元をこする。

そしてどんどん目が小さくなってしまう。。

目が小さくならないように気を付けることは1つ!

目元まわり、まぶたをやさしく扱うことが重要です。

だから化粧を落とすときも、優しく落としましょう。

ナイトアイボーテを上手に落とす方法をまとめたよ。
↓ ↓ ↓
ナイトアイボーテの外し方

まぶたの皮膚、そしてその一重、二重を作り出す仕組みは、とても繊細なんです。

一重まぶたと二重まぶたの違いは?

皮膚が折り返されているかどうか、です。

皮膚の折り返しがない → 一重まぶた
折り返しがある → 二重のまぶ。
まぶたの上にかかる皮膚が長いと、→ 奥二重


まぶたを開ける上眼瞼挙筋(じょうがんけんきょきん)という筋肉は、瞼板(けんばん)という硬い組織とつながっていて、この瞼板によってまぶたが引き上がります。

その時皮膚としっかり繋がっていると、その部分だけ皮膚が引き上げられて皮膚の折り返しができて、二重まぶたになります。

皮膚とのつながりがゆるい、またはあまりないと皮膚の折り返しができず、一重まぶたになります。

実はこの筋肉は老化しやすいのです。

そして、まぶたの皮膚は他の部分の皮膚と比べて3分の1程度の厚さしかなく、刺激に弱いのです。

すぐに傷ついたり、かぶれたりしてしまいます。

だからこそ、アイプチなどのテープを貼ったりしていると、まぶたがのびてしまったり、アイメイクを落とそうとゴシゴシ目をこすると、どんどん筋肉が緩んで老化していき、目が小さくなってしまいます。

まだ若いうちは良いけれど、ずっと続けていると将来的には、まぶたがどんどんたるんで、目が小さくなってしまう危険があります。

女の子は、いくつになっても女の子です。

かわいくありたいものです。

だからこそ、「今だけかわいい」じゃなくて、

「ずっとかわいい」でいれるよう、がんばりましょう。