ナイトアイボーテの支払方法は3つ
ナイトアイボーテの支払方法には下記の3つがあります。

注文するときに、選択できるようになっているので、支払いやすい方法にしましょう。

1.クレジットカード払い

2.コンビニ後払い

3.代金引換

ナイトアイボーテの3つの支払方法を詳しく解説

1.クレジットカード払い
使えるカード
主要5カード
①.VISAカード
②.マスターカード
③.JCBカード
④.アメリカンエキスプレスカード
⑤.ダイナーズクラブ

今なら、2020年6月まで
キャッシュレスでお支払いの場合は
5%の還元が受けられます。

詳しくは、下記へ
経産省 キャッシュレス5%還元事業

2.コンビニ後払い

主要コンビニ・銀行・郵便局にてお支払いいただけます。
手数料 200円+税がかかります。

郵便局・銀行
主要コンビニ:ローソン、ファミリーマート、デイリーストア、セブンイレブン、ミニストップなど。

請求書が、商品と一緒に入っていますので、14日以内に、コンビニ、郵便局、銀鉱で支払をしましょう。

請求書をレジのところへ持っていけばよいだけなので、簡単です♪

3.代金引換

佐川急便にてお届け
商品お届けの際、配達員に直接お支払い下さい。
手数料 : 200円+税

ナイトアイボーテの支払方法まとめ

ナイトアイボーテの支払方法の支払方法は、3つありましたが、一番便利でお得なのはクレジットカードでのお支払いですね。

ポストに投函してくれるので、家で届くのを待機している必要もありません。

手数料もかかりませんし、キャッシュレスの支払いということで、5%還元が受けれます。

コンビニ後払い、代金引換は、手数料がかかってしまいますが、ものは考えようです。

200円なら、普段ならコンビニで買ってしまう、ジュースとお菓子をたった1回我慢すればよいことですよね!

クレジットカードは何歳から持てるのか

最近は、いろんな電子マネーがありますが、クレジットカードは1枚持っていると便利ですよね!

でも審査があって安定した収入がないと作れなかったりします。

ここで、クレジットカードの基本をおさらいしてみましょう。

クレジットカードの申し込みの年齢制限は

「高校生を除く18歳以上」

未成年の場合、クレジットカードのお申し込みには、18歳以上であっても親権者の同意が必要です。

未成年者がクレジットカードを申し込む場合、入会申込書に親権者の情報を記入して、署名・捺印してもらう必要があります。

基本的に18歳以上であれば、大学・専門学校などの学生、派遣社員や契約社員、アルバイトといった雇用形態を問わず、社会人の方、主婦の方もクレジットカードの申し込みができます。

※ 学生がクレジットカードを申し込む場合、未成年者と同様に親権者の同意をもらったうえで審査に通る必要があります。

学生の多くは金銭的に親権者の収入に支えられていることがほとんどだからです。

クレジットカードは便利だし、ネットの通販ショップを見ていると、簡単にポチッと買い物が出来てしまいます。
使いすぎには要注意ですね!