パッチリ二重のなるため
日々努力をしているけれど、

もとから二重だったら、
毎日、アイプチで一生懸命二重を
作らなくてもいいのに。。

いっそのこと、整形してみようか

と思ったりしますよね。

ちょっと気になる二重の整形について調べてみました。

ナイトアイボーテがだめなら整形?

ナイトアイボーテで、二重のくせ付けがだめだったら、もう整形しかない!なんて思いつめている人もいるハズ。

まずは最新の二重の整形について
次の3つの方法があります。

埋没法
希望の二重ラインにそって医療用の極細の糸を縫い込んで、二重まぶたを形成する手術です。
キズあとも残らず、手術時間もわずか10分ほどで終わる、メスを使わないプチ整形、美容手術の代表的なもの。
費用は6万~9万円ほど。

切開法
希望の二重ラインのところを切開して、余分な脂肪や皮フを切除して縫合をおこない、二重まぶたを形成する手術です。
二重ラインと手術による切開ラインが同じなので、キズあとは目立ちません。まぶたの脂肪が多い人、まぶたの皮膚がたるんでいる人、よりハッキリした二重ラインを希望する人に向いています。
再手術が難しい、術後のハレが大きいなどのデメリットもありますが、二重のラインが絶対にとれないというメリットがあります。もちろん、入院の必要もありません。

目頭切開
アジア人に多い「蒙古(もうこ)ヒダ」を除去することにより、パッチリとしたきれいな二重まぶたを形成する手術です。
埋没法や切開法の手術を併用することで、よりきれいな二重まぶたにすることができます。
「蒙古(もうこ)ヒダ」が原因で目が小さく離れて見える方に最適な手術法で、手術後、目が大きく顔が小さく見えるようになるという効果があります。
キズあとが目立ち、トラブルが多いです。

整形も万能ではない

ナイトアイボーテを毎日するのも面倒だし、整形にしようと腹をくくっても、ちょっと待ってください!!

整形もデメリットもあるんです。

・ふたえ美容液と比べて、高額になる。
・100%失敗しないとはありえない。
・糸を埋め込む場合、年数がたつにつれ、取れてしまったり、糸が眼球を傷つける場合がある。
・二重の印象が違ってしまうことも。
・蒙古襞を除去する目頭切開だと、技術とセンスがない医師に担当されると、左右が非対称になったり、傷が目立つこともあります。
切開するため、失敗しても完全に元に戻すことは不可能。
キレイに直すこともかなり難しい。

↓ ↓ ↓

蒙古襞があっても、ナイトアイボーテとマッサージ併用で二重は作れるんです!
気になる方は、ナイトアイボーテと蒙古襞を読んでみてね!

整形するか?ナイトアイボーテのような二重美容液で頑張るか?難しいですね!

化粧品と違って、高額になりますし、その割に絶対大成功とも限らないですね。
きちんと技術と知識を持った医師を探すことが、大事です。

ナイトアイボーテと整形ならどちらがおすすめ?

ナイトアイボーテと整形、あなたならどちらを選びますか?

ナイトアイボーテ

不安な点
・時間がかかるかもしれない。
・毎日、継続することが必要
良い点
・整形に比べたら、失敗するリスクはゼロ。
・金銭的にも整形に比べると安い。

整形

不安な点
・失敗するかもしれない。
・二重になっても、望み通りになるとは限らない。
・ナイトアイボーテに比べると、高額である。
・良い美容外科を探すのが、大変だし、家の近くにないかもしれない。
・整形したからといって、一生二重が維持できるとは限らない。
良い点
・腫れが落ち着けば、二重になっている。
・毎日、二重を作らなくてよい。

皆さんなら、どちらを選びますか?

今回私が思ったのは、整形も万能ではないということです。

失敗するかもしれないし、自分のイメージした目と違うかもしれない。
二重になって大きくなったけれど、顔全体でみると、目が大きすぎて怖いとか、いろいろあるようです。
もう一回、やり直しといっても、お金のことや傷跡が気になったりしますよね。

一重でも美人なひとはいます。
↓ ↓ ↓
一重美人の3つの条件

そんな有名人を見つけて、メイク、ファッションを真似して、楽しんでみるのもありかもしれませんね。