毎日、目力アップさせるために、アイプチ使って、アイメイクして頑張っている、いつも二重でいたいから、一日中ずっとアイプチしてる子いると思うけど、まぶたが腫れたり、赤くなる、痛いこと、ありますよね。

危険です!

まぶたって、とても繊細なんです。

他の部分より、ずっと
皮膚は薄くて、傷つきやすい。


この記事では、

①ナイトアイボーテに副作用はあるのか、
②まぶたが赤くなる、腫れるなどの副作用を防ぐ使い方

をお伝えします。

ナイトアイボーテに副作用は出るのか?

一般的な二重化粧品アイプチの成分

二重まぶたをゲットするために、使われる代表的なアイプチですが、実はアイプチの成分の中には接着成分が入っており、そのためかゆみや腫れ、かぶれを引き起こしてしまう可能性があるんです。

アイプチの接着成分の「ゴムラテックス」は、特に注意が必要です。

このゴムラテックスは、接着材やビニール手袋・絆創膏など、日常生活の中でも幅広く使用されています。

人によってはアレルギー反応がおこり、かゆみや腫れを引き起こします。

普段、絆創膏を貼ったり、パンツのゴムや衣服の刺激でかゆみを感じやすい、普段から肌が乾燥してアトピーの症状がある人などは、アレルギー反応を起こしやすいので、アイプチを使用する時は、慎重にしましょう。

最近では、アイプチの商品に、

「ゴムラテックスにアレルギーをお持ちの方は、使用しないでください」と表記があります。

選ぶ時は、よく確認したほうがいいですね。

ナイトアイボーテに接着成分による副作用はあるのでしょうか?

ナイトアイボーテの接着成分
皮膜形成剤として
・メタクリロイルオキシエチルカルボキシベタイン  
・メタクリル酸アルキル 
・コポリマー 

ナイトアイボーテはゴムラテックスは使っていないですね!

ですから、他の商品と比べて、まぶたの腫れ、かゆみなどのトラブルは起きにくいといえます。


もっと詳しいナイトアイボーテの成分が知りたい方はナイトアイボーテの成分の記事を読んでみてください。

まぶたが赤くなる、腫れる原因

まぶたが赤くなったり腫れたりする原因は3つあります。

① アレルギー性皮膚炎
② 一時的刺激性皮膚炎
③ 物理的皮膚炎

①アレルギー性皮膚炎はゴムラテックスによるものなど、その物質と接触することで、発症します。

②の一時的皮膚炎は、アルカリ、洗剤、溶剤、粘着剤などの化学物質に接触することで、発症します。

最近の化粧品技術の進歩により、接着成分による接触性皮膚炎はだいぶ抑えられてきているようです。

※ゴムラテックスは例外です。

それなのに、なぜ瞼が赤くはれたりするのか?

それが、③の物理的皮膚炎です。
そのアイプチ等の化粧品を落とす際に、皮膚をこすり傷つける、汗、アイメイクの汚れを落とし切れていないなど、物理的な刺激による、皮膚炎も疑われるのです。

落とす際に小さな傷ができる。
↓ ↓ ↓
汚れが残っていて、傷から内部に入り込み、炎症をおこす。
↓ ↓ ↓
まぶたが赤くはれる。

指のささくれでも、とても小さなものですが、赤く腫れたり、痛みを感じますよね。

まぶたでも十分同じようなことがおきます。

そして、実は、このアイメイクの落とし方の問題は、赤く腫れるなどの副作用だけではないんです。

目を大きく見せるために、アイメイクをしたりしているのに、小さくなってしまう危険があるというのです。

ちょっと怖いですが、林先生の初耳学でナイトアイボーテが紹介と読んでみてください。

ナイトアイボーテの落とし方

次の朝、ナイトアイボーテを落とすとき、なかなか落ちないと思って、ゴシゴシしていませんか?

またきっと、この後アイメイク、マツエクなどすると思うのですが、夜このアイメイクを落とすときも、ゴシゴシしていませんか?

最近では、一日中、崩れない化粧を期待する女子が多いです。

だから化粧品メーカーも研究をして、落ちないメイクが歓迎される風潮にあります。

アイメイクもなかなか落ちません。

でも、この時、ゴシゴシして、無理やり落とそうとすると、ただでさえ繊細な瞼は傷ついてしまいます。

ホットタオルなどで、ふやかして落ちやすくしてやさしく落とすことが、とても重要です。